仏式の葬儀

仏式では、葬儀は死者に引導を渡す儀式。通夜よりも形式を重んじた進行を。一般的には、昔から形式は変わらず、参列者が着席し、僧侶が入場してから「葬儀」が開始されます。僧侶が入場する時には、司会者によって、参列者に起立や合掌などの指示がなされます。開式の辞が終わり、読経によって、僧侶から故人に引導が渡されます。読経が終わると、参列者の中から代表で弔辞を読んでいただき、続いて司会者による弔電の紹介が行われます。その後、再び僧侶の読経があり、喪主から、故人と血縁の近い順に焼香が続き、参列者の焼香が行われます。ただし、告別式を別に行う場合は、焼香は遺族や親類、近親者だけが行い、参列者は告別式で行うことになるのが一般的でしょう。参列者の焼香の際は、喪主に会釈をしてから焼香台に向かいますが、喪主と遺族は座ったまま黙礼のみを返すのみというのが主流となっているようです。焼香後は、僧侶の退場です。この時も司会者の指示があり、一同の合掌で見送ります。続いて閉式の辞が述べられ、式は終了します。一般参列者は、式の後、出棺を見送るために建物の外へ移動し、待機しますが、遺族や親類は、この時、出棺前の最後のお別れをすることになります。また、続いて告別式を行う場合は、僧侶は一度退場し、葬儀終了後、あらためて入場して告別式を行います。喪主は、滞りなく式を進行できるよう、事前に世話係と連携を取り、席次・弔辞の依頼・弔電紹介の順番・供物と供花の配置などを打ち合わせ、当日に届いた供花・弔電も確認し、葬儀に臨むことが重要でしょう。また、葬儀終了後、すみやかに火葬場へ移動するための同行者確認や精進おとしの人数も繰り返しチェックしておきましょう。