葬儀と告別式

「お葬式」は、葬儀の「葬」と告別式の「式」をまとめた呼び方。近年では、昔と違い、葬儀・告別式を同時日に行うことが多くなってきているようです。次いで出棺・火葬・繰り上げ初七日法要、精進おとしへと移行して行きます。本来ならば告別式以降のこの時間は半日かけて行うのが主流でした。そのため、火葬の時間を基準にして、そこから逆算した上で葬儀・告別式の時間を決定します。つまり、両方合わせて丸一日というイメージでの進行となります。昨今では、儀礼の簡略化がなされ、読経を聴いている間に参列者のが焼香したりといった同時進行がなされる式も多々あるようです。そのため、遺族は読経を聴きながら参列者に黙礼するというように、慌ただしく式が進行していくため、遺族が感傷に浸ることができない現状のようです。そこで、近年では、あらためて葬儀と告別式の意義を見直し、二つを分けて行う事も増えてきているようです。葬儀と告別式の明確な線引きは、葬儀は儀式で、告別式は式典だという事でしょう。信仰によって、本来葬儀と告別式にはそれぞれのの意義があるようです。仏式では、仏の弟子となった故人に戒律を授け、浄土へ導くという儀式を葬儀とし、故人の死の報告を行いながら、世間での会葬を促す式典を告別式としているようです。そのため、仏式の場合の告別式には宗教的意味合いはないようです。また近年、葬儀とは別に、故人が生前所属していた団体などによる偲ぶ会なども催され、注目されているようです。その場合、故人が生前親しくしていた人たちの強力なバックアップもあるため、告別式に比べ、会場費や人件費などが格段に安く済んだりと、故人の功績が反映される事もあるようです。