キリスト教の葬儀

キリスト教での葬儀。ミサ・告別式。キリスト教式の葬儀では、カトリックの場合、ある程度決められた形式があるようですが、一方のプロテスタントでは、多くの教派があるため、葬儀の形式は決められていないことが多いでしょう。キリスト教式で葬儀を執り行う場合には、主催が教会とされるため、すべての進行は、遺族ではなく、各教会の指示に任せるという形になるでしょう。死者の安らかな眠りを祈り、遺族の心の傷を慰めて、死の中に希望を見つけるというのが、キリスト教の葬儀と告別式で行われる儀式と言えるでしょう。一般的には、生前の信仰があってこそ、心の平安や慰めを与えられると考えられているのではないでしょうか。キリスト教式の弔辞は、故人に向けてというよりは、遺族や参列者に対しての挨拶のようになることが多いとされているようですので(教会により形式が変わるので確認しておくと良いでしょう)キリスト教に親しみのない一般の方に弔辞を依頼する場合には、前もって詳しく説明し、出来ることなら打ち合わせや話し合いを設けておくと良いでしょう。また、信者ではない参列者も珍しくはないと思われますので、式次第や、使用する聖書の言葉、賛美歌などの内容を記載したものを配布できるよう手配することが望ましいでしょう。宗派による葬儀内容のちがいとしては、カトリックでの葬儀は「葬儀ミサ」と呼ばれ、告別式とは明確に区別されているようです。主に「感謝の典礼」といって、故人の安息を祈る儀式となるでしょう。献花で使用される花は、白い菊やカーネーションなどが主流でしょう。プロテスタントの葬儀では、神への礼拝が中心となるでしょう。また、日本的な形式と異なり、供花の贈り主の名前なども取り外したりすることもあるので、不明な点は葬儀前に確認しておきましょう。