神葬について

神葬では、葬儀社選びを慎重に。通夜は通夜祭と呼ばれる。神道での葬儀は神葬祭、通夜は通夜祭と呼ばれ、仏式の形式とは大きく異なります。そのため、葬儀社を選ぶ際には、神葬式に馴染みがあるかどうか入念に選ぶことが大切でしょう。神式では通夜を神社で行うことはタブーとされているため、自宅、もしくは斎場で行われます。故人が亡くなってすぐに地元の神社か、所縁のある神社へ行き、帰幽奉告を行います。この際、喪主の代理人を立てて行うことが望ましいとされます。その後、枕直しの儀・納棺の儀・通夜祭の順で行うのがスタンダードとなっています。通夜祭は、故人の前で生前と同じように礼を尽くし、手厚く見送ることが大切でしょう。その同日、続けて「選霊祭」別名「御霊移し」「御霊選」と呼ばれる、死者の御霊を遺体からよりしろである「霊璽」に移す儀式が行われます。仏教でいう位牌の意味を持つ霊璽はその後、祭壇に祀られている「仮霊舎」に納められます。遷霊祭が終了した時点で、故人は家の守り神という存在になります。本来は夜に行われるのが主流である通夜祭と選霊祭ですが、近年では葬儀の形式の変化に伴い、夕方から行う場合が増えてきているようです。また新道では祭祀で主に奉仕する神職を斎主と呼び、それ以外の神職者を斎員と呼び、彼らが到着した際は喪主が迎え入れ、案内するのがしきたりのようです。通夜祭では、斎主が故人の人生や功労を讃えたのち、魂を沈める「祭詞」を奏上するため、あまり親交のない斎主の場合には、あらかじめ打ち合わせの時間を設け、故人についての説明をしておくことは大切でしょう。また、神道では、神棚と、先祖の祀られている御霊屋にも故人の亡くなったことを奉告し、神棚封じを行う事も忘れてはならない事だといえます。