葬儀・告別式の準備

通夜とは異なる準備もあるため、葬儀・告別式前には確認を通夜終了後、喪主は、世話役・葬儀社と共に、葬儀と告別式の打ち合わせを行うことが望ましいでしょう。通常、通夜で使用した供物と供花は、同じものをそのまま使用しますが、葬儀の日に届く場合もあるので、その際は名前を確認した上で、並べ替える必要性などについて考えたりと、臨機応変に望むことが求められるでしょう。葬儀後の、火葬場への移動、また、火葬場の使用時間も決まっているので、あらかじめ予測の時間配分を考慮し、実行していくことも大切ではないでしょうか。また、喪主は打ち合わせの際に、挨拶で話す内容をまとめたり、出棺の際、誰に棺を運ぶ役を依頼するかなど、細かな点も前もって決めておきましょう。さらに、重要な確認事項として、弔辞・弔電の確認を忘れずに行いましょう。葬儀では一般的に、僧侶の読経の後、参列者より弔辞を賜ります。準備に時間が必要であると考えられるため、葬儀が決まったらすぐに依頼するように心がけておくと良いでしょう。慌ただしく過ぎていく準備なので、通夜ぶるまいのときなどにも再確認しておく事も良いでしょう。また、葬儀に参列できなかった方々からの弔電も届きますが、ごく少数のみ全文を紹介するにとどめ、紹介できなかった分は、頂いた方の肩書きと名前を読み上げるのが主流のようです。葬儀はあらかじめ決まっているという行事ではなく「急な知らせで」といったことの多いものです。そのため、遠方からの親類への配慮も大切でしょう。宿泊の手配は本人にしてもらい、あとで宿泊代などを渡したり、斎場に施設が設けられている場合は、早めにその旨を知らせるなどの心配りがあると良いかもしれません。