カトリックとプロテスタント

カトリックでは「遊府の集い」プロテスタントでは「献府北」キリスト教での通夜は、通夜の集いと前夜式と呼ばれ、自宅か教会で行われることが主流のようです。生前に故人が所属していた教会に死亡の報告をし、通夜の依頼を行うことから始まります。生前に故人が信者ではない場合でもキリスト教式の葬儀で見送る事も可能な場合もありますので、故人が希望している際は、最寄りの教会に相談してみるといいでしょう。祭壇や式場の設営も異なってくるため、キリスト教式の葬儀プランのある葬儀社を選び、依頼することが大切でしょう。入念に調べるとキリスト教式の葬儀に精通した葬儀社もわかると思います。あらかじめ故人に希望を聞いておくのも良いでしょう。キリスト教式葬儀では聖職者の役目が大きいため、同じ教会に所属する信者の方に世話係を依頼することがスタンダードなスタイルです。しかし、参列者の方々は、当然キリスト教になじみのない方もいるの事を考慮し、式の進行表や、聖歌・賛美歌の歌詞、祈りの言葉などを明記したものや、会葬礼状を、教会か葬儀社にお願いしてが用意してもらうと良いでしょう。遺族代表のあいさつを終えたあと、別室で参列者をもてなす場合がありますが、キリスト教の場合、通夜ぶるまいのような宴席ではないため、お酒や食事は提供せず、軽食や菓子などをふるまい、お茶を飲みながら、参列者が故人を偲んで語らうというささやかな時間を設けるよいでしょう。最後に、カトリックとプロテスタントでの違いを書いておきましょう。カトリックにおける葬儀は、これまでの罪を懺悔し、神の御許で安らかに過ごせるよう祈る儀式となり、プロテスタントは、カトリックのように統一された規定がなく、各教会で考え方や葬儀の仕方が異なるようです。死後は天に召されて神に仕えると考えられているため、葬儀は神に祈りを捧げる儀式となるそうです。