神道の葬儀

仏儀式を重んじる神道の葬儀。葬場祭・告別式。神式での葬儀は「葬場祭」と呼ばれ、仏式とは大きく異なるため、一般には浸透してない儀式が多く執り行われていくようです。式の中心となって奉仕する神職とされる「斎主」の指示をよく聞き、儀式を重んじ、厳粛に進行していくことが望ましいでしょう。葬場祭は、順序に沿って儀式を執り行い、仏式の葬儀と同じように、故人に最後の別れを告げる儀式となります。まず初めに「修械の儀」が行われ、斎主が参列者一同を誠い清めます。続いて、神前に供え物をし「献削除」を行い、斎主が「葬場祭詞」(故人の略歴や実績などを紹介し、今後のご加護を賜るための文章)を読み上げます。その後、伶人が「諒歌」(故人を偲び、追悼の意を込めた歌で、弔辞と同じような意味合いを持っているそうです)の演奏を奉納し、儀式は終了します。さらに参列者から弔辞を頂き、司会者より弔電紹介が行われ、斎主から喪主・近親者・一般参列者の順番で「玉串奉奠」(玉串とは、榊などの枝に、紙を切って作られた垂をつけたもの)と拝礼が行われます。拝礼の後、斎員によって祭壇から供え物を下げられ、斎主、斎員、伶人が退場して、全てが終了となります。告別式を別に行う場合は、参列者の玉串奉奠の前に休憩を挟み、遺族側が参列者へ向き直して座ります。通夜祭は自宅で行い、葬場祭を斎場で行うというように、葬場祭の会場が通夜祭と異なるケースでは、葬場祭の前に、故人の遺体を自宅(神式では積室と呼ぶ)から斎場へ移すことを霊前に奉告する儀式である「発枢祭」が行われます。枢を自宅から斎場に搬送した後には、家に残っている斎員が、家を誠い清める「修一臓の儀」を行います。